2017年 イベント参加へのお申し込み 随時開始いたします

イベント詳細

山風湖浪 漣からびわ湖の風を読む

 a

「さざなみの…」と、始まる詞は滋賀、あるいはびわ湖の枕詞である。この枕詞を目にし、耳にするとき、波静かな湖面を思い、びわ湖は常に穏やかだと、誰もが想像する。

しかし、びわ湖もときには牙を剥くこともある。恐ろしいのは北湖が牙を剥いたときだろう。三㍍を優に越す三角波に襲われると小さな船はたまったものではない。こんなとき、びわ湖を知る人は、緊急時以外は船を出さない。

元凶の一つが「比良颪」である。比良山の麓を走るJR湖西線では、列車が転覆したことが度々あった。幸いに貨物列車だった。もし客車だったらと思うとゾーとする。

南湖では「比叡颪」である。ヨットマンは「比叡颪」を嫌がりつつも、風を読むトレーニングと言って、挑戦を続けるという。この「風を読む」とは、 換言すれば変化を事前に知ることであり、同時に変化に対応する手を事前に打つことだとも言えよう。

今、世界ではアメリカのトランプ大統領の嵐に右往左往している。それはトランプの風が読めないからではなかろうか。

びわ湖の安全と発展を図るうえで 湖上は元より周辺の見えない風を、「さざなみ」から読み取らねばならない。つまり「先手必勝」だ。

認定特定非営利活動法人 びわ湖トラスト

理事長  山田 能裕

2017年3月吉日

絵 Brian Williams

HOMEに戻る

お知らせ

2017春トチノキ-朽木トチノキ開花観察会のお知らせ

2017春トチノキ-朽木トチノキ開花観察会のお知らせ

2017年 朽木トチノキ開花観察会が 6月3日(土) に開催されます。 詳細は こちら をご覧ください。 ご参加される方への持ち物等詳細については こちら をご覧ください。 ※このイ...
5月13日(土)公開講演会のお知らせ

5月13日(土)公開講演会のお知らせ

※このイベントは終了しました   2017年 5月13日(土) びわ湖トラスト 公開講演会 総会講演会案内(PDF)   認定特定非営利活動法人びわ湖トラストでは、以...
今井一郎先生が日本水産学会賞を受賞

今井一郎先生が日本水産学会賞を受賞

びわ湖トラスト会員で北海道大学教授の今井一郎先生が、 平成28年度日本水産学会賞を受賞されました。 有害毒物とプランクトンの発生場所と発生防除に関する研究において卓越した成果を挙げ...
2017 文部科学省「ジュニアドクター育成塾」参加申請中

2017 文部科学省「ジュニアドクター育成塾」参加申請中

2017_もっと学びの情報_(PDF) 文部科学省が次世代の科学者育成のための取組を始めます 2017 文部科学省「ジュニアドクター育成塾」 • 新たな時代を牽引する突出した人材の育...
びわ湖トラストたより第15号(平成29.3発行)

びわ湖トラストたより第15号(平成29.3発行)

びわ湖トラストたより平成29年春号を発行しました。 画像をクリックすると拡大します。   HOMEに戻る

2016はっけん号 びわ湖から学ぶ!地球の科学 (終了しました)

2016琵琶湖で学ぼう!地球環境の保全~海と日本プロジェクト~(平成28年度)報告

はっけん号とはどんな船?

私の滋賀一番

三井寺    福家俊彦 (2015年4月2日) ●世界唯一、現存する唐王朝のパスポート ・・・「越州都督府過所」「 尚書省司門過所」(2通) 名 称  越州都督府過所 ・ 尚書省司門過所 2通 指 定  国宝 時代等 唐時代(大中九年 855) 紙本墨書 ...
三井寺 / 福家俊彦
私の「滋賀一番」 西本梛枝(2) (2015年3月30日) ●日本最古の石積み堰堤…「オランダ堰堤」   (大津市) 「なんてきれいな水!」子どものみならず大人でも思わず水に入っていってしまう。懐かしい ほど優しく透き通った川だ。草津川上流の「オランダ堰堤」の辺り。そ...
オランダ堰堤/西本梛枝
  私の「滋賀一番」 西本梛枝 (2015年3月30日) ●比叡山延暦寺は〝おみくじ〟発祥の地   (大津市比叡山 延暦寺) 神社仏閣におまいりするとつい引きたくなるのが〝おみくじ〟。そのおみくじの祖は比叡山延 暦寺を中興した がんさんだいしりょ...
比叡山延暦寺〝おみくじ〟発祥の地 /西本梛枝
芭蕉と近江 (2015年3月13日) 松尾芭蕉が、膳所(ぜぜ)の地に埋葬されていることを知る人は多くないだろう。1694年、51歳のときだった。木曽義仲を祀る義仲寺(ぎちゅうじ)に埋葬されている。 芭蕉の遺言によるものだが、それほどに彼は近江を愛した。当時、義仲寺があ...
芭蕉と近江/熊谷道夫
私の滋賀「一番」は琵琶湖の夕照です。快晴の日の夕刻、沈みゆく太陽は本当にきれい です。夕陽を見送り、すっかり暗くなるまでの湖面の変化を楽しみ、帰宅すると充実した 一日を過ごしたという満足感で豊かな気持ちになれます。写真は瀬田川河口近く、大津 市対岸の帰帆島にて撮影したもの...
びわ湖の夕照/田中三千彦
View All 私の滋賀一番