【二次募集開始】-びわ湖トラスト「ジュニアドクター育成塾」

認定NPO法人びわ湖トラストは、平成30年度「ジュニアドクター育成塾」の二次募集を開始しました。

びわ湖を場にした地球科学の最先端を、国内外の大学、民間研究所の研究者らから直接学べます。

水辺の生き物やプランクトン、湖底の生き物などを調べるのが好きな人、大規模な水の流れや気象変化・気候変動について知りたい人、ロボットを使った水中探査に興味のある人など、自然科学に興味を持つ小学5年生から中学3年生までの皆さんの学びをサポートします。

【応募方法】
必要事項を記入した応募用紙と作文をFAXか郵送、あるいは、びわ湖トラストHPにある専用の応募フォームを利用。
※7月15日(日)に理数分野に対する思考力テストにご参加下さい。詳細は下記。
※上記の日に参加出来ない場合は、別の日に設定する事も可能ですので、下記問い合わせ先までご相談下さい。

応募用紙:こちらのリンクをクリックしてダウンロード(PDF・1600KB)

参加日ヒアリング:こちらをクリックしてダウンロード

応募フォーム:http://www.biwako-trust.com/?p=2049

【概 要】
びわ湖トラストの「ジュニアドクター育成塾」では、日本一古くて大きい湖であるびわ湖を主な教材として、国内外の研究者らが、選抜された有能な小中学生に地球(ガイア)の世界を直接指導します。びわ湖を場とした最先端の地球科学を学ぶことによって、科学者の卵を育成します。

【内 容】

  • 二段階の選抜を実施します。今回は一次選抜のみ(第一段階のプログラムのみ)を実施します。
  • 第一段階のプログラムでは、座学による基礎学力の強化と湖上実習による技術力向上を目指します。
  • 特に研究に対する姿勢や研究内容が認められた場合は、国内外の専門の学会や研究会などで発表の機会があります。
  • 第一段階のプログラムは単年度毎に実施します。第一段階の受講生には、希望者に対して二次選抜を実施します。
  • 二次選抜通過者は、学会や研究会等での発表を目指した、研究による個別能力の展開を図ります(次年度以降に実施)。このため、第二段階のプログラムは、単年度から最長4年の育成期間を想定しています。

【募集対象】
小学5年生、小学6年生、および中学生で、主に滋賀県・京都府・大阪府にお住まいの、大津市の会場まで通える人。

【二次募集人数】若干名

【指 導】
びわ湖周辺の大学や企業等研究機関(京都大・滋賀大・滋賀県立大・立命館大・龍谷大・東レ研究所、等)の専門家

【費 用】無料(ただし会場までの交通費等は自己負担)

【場 所】
座学:コラボしが21(大津市打出浜2-1)
実習:びわ湖上(船上実習)と企業施設(企業訪問/大津市内)

【日 程】
6月19日(火)二次募集開始
7月15日(日)理数分野への思考力テスト@コラボしが21(①13:30-15:00 ②15:30-17:00)
※図形の認識や個数、数やものの並びの規則などについて、制限時間内に幾つかの簡単な問題を解いてもらいます。
715日(日)応募締切(若干名の募集ですので、早めにご応募下さい。早期に締め切る事もございます。)
※応募書類は思考力テストの会場へ持参して下さっても構いません。
7月18日(水)受講生決定(受講が決定した方にお知らせいたします)
7月22日(日)開講・受講ガイダンス

【選抜方法】作文を重視しますが、思考力テストの結果も含めて総合的に選抜いたします。

【備 考】
年間のスケジュールとして、座学を16日、船を用いた湖上実習を3日、企業研修を1日、予定しています。特に夏休み期間中(お盆期間と8/19-8/24を除く)は、集中的に座学や湖上実習を実施します。学期期間中は、主に日曜や祝祭日を利用して、月に2回程度実施する予定です。座学はPM1時から5時の間で「コラボしが21」にて実施するカリキュラムを予定しています。船上講座はAM8:30に大津港へ集合して琵琶湖へ出航したのちPM5時までに大津港へ戻ります。

【お問い合わせ】「ジュニアドクター育成塾」専用メール jrdoctor@biwako-trust.com まで。